スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショップ大会inホビーステーション三ノ輪

てなわけで、タイトル通り本日はショップ大会に参加。

参加人数は8名。
スタンダード形式、スイスドロー3回戦

先に結果を言えば、三戦三勝で優勝。

ん……実はWSでは初優勝かも……
拍手してくださった参加者の皆さんに感謝~


私のデッキは前日作った「見事なカウンター」デッキ。
『見事なカウンター』を4づみ。
とにかく殴り続けストックをため、一試合に二回は『見事なカウンター』を放つのが目標。
ちょっと夢見て『バナナパフェ』とか入れてみましたけど、無理ですね、使えない。

大体早いと3、4ターンでレベル3が見えてくる。
その状況で溜まっているであろうクロックは9~12。
『水越 眞子』に頼るにはいささかストックが心許ない気がするけど、
かといって緑を増やすとバランスが良くない。
あくまで手札に『カウンター』が来ないときの為の非常用と認識。
青赤でなんとかできそう。

先制取るとちょっとマズイという事も認識。

それでも大会では三戦とも二回、『見事なカウンター』を撃つ事に成功。
どれも手札に来た時点で、出来る限り握り込んでいた結果。
でもかなり運に依存。安定性は悪いと思う。
撃てた二回も一回防がれ、もう一回は通るという博打っぷり。
でも個人的には満足。


とはいえ、やっぱりネタかなぁ……
5点のダメージはやはり通る率が低い。
発動するのは相手が一度くらいリフレッシュした後になる。
相手がしっかりとしたプレイングで、クライマックスを全て山札に戻したとして、リフレッシュする山札は、その時点でレベル、クロック、ストック、手札、思い出に置かれたカードがあるので、50を確実に下回る。

おおよそ40~35、もしかしたらもっと少ない。
40だとしてクライマックス8枚で、5枚に1枚はめくれる計算。
つまり、おおよそキャンセルされる。

とはいえ、それで相手のクライマックスを削れ、山札を削れる。
1ターンに4回、5回と攻撃できると考えればこのアドバンテージは無視できない。

結局どっちなんだという話ですが。
う~ん、やっぱ好きかどうかなのかな。
私は何故かこの『見事なカウンター』が好きだからなぁ
出来る限り入れていきたいな、今後とも。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。