FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSリトルバスターズ!タイトルカップ in ホビーステーション松戸

昨日、パソコンが熱暴走しました orz
どうも背部の放熱ファンが死んでいたようで……なんとか復帰して良かったですよ、

●WSリトルバスターズ!タイトルカップ in ホビーステーション松戸

で、タイトルどおりに大会の覚書を。

参加者16名。

予約者が満数。キャンセル待ちもあったようです。
さすがリトルバスターズ、ペルソナとは天と地の差が……

●使用デッキ
赤緑、『LB/W01-072 C 耳掃除』を使用することを主とするデッキです。


●一回戦 赤緑 負け
LB/W01-068 R 鏡よ、鏡』がなかなかバカに出来ないと分かった一戦。
後半に謙吾が出たと思ったら、『鏡よ、鏡』で更に引っ張ってこられて全展開。
もう無理 orz

クライマックスキャンセルも序盤に多発して後半に全然来ないという最悪の流れ。
『耳掃除』は一応使えたのですが、1レベルを一気に飛ばして2レベルになってしまったので意味が無い orz


●二回戦 からもう記憶がない orz

申し訳ない話ですが、普段から乗り重視で対戦しているせいで相手のデッキをリサーチしない悪癖。
楽しいから良いんですけど、せめてデッキの傾向ぐらいは読むようにしないとですね……
自分のデッキを回すので必死なんですもん。

多いのは赤緑、

LB/W01-035 U 真二&謙吾』と『LB/W01-042 C ”最強の男児”謙吾』をメインとするデッキは安定して強いですね。

あと『LB/W01-051 RR ”華麗なる剣聖”唯湖』も強い。
そもそも1コストで前列の0レベルを控え室に送る能力は当然のように強いのです。
ゲーム後半であっても、全ての前列枠に2レベルが並ぶかといえば、実はそうでもなく。とりあえず穴埋めに0レベルキャラを置くことも少なくありません。
そうなると、後半でも能力の使いどころはあるのです。
また相手の控え室のカードをデッキトップに置く能力も、ダメージコントロールに使えます。
欠点は、『”最強の男児”謙吾』などの能力で直接に除去されると何も出来ないというくらいですか。

逆に『LB/W01-072 C 耳掃除』が思いのほか使えない。
出てきたときにレスト状態というのが結構効きます。
大体1ターンや2ターンでレベルは上がってしまうわけですから、『耳掃除』でどれだけアドバンテージが取れるかというと……結構微妙なのです。
『”最強の男児”謙吾』のように、レスト状態でも能力が使えるのなら有用ですが。


●結果 1勝3敗
クライマックスの引くタイミングの悪さもありますが、『耳掃除』の使い方を誤った、もしくは頼りすぎたのも敗因かと。

とりあえず、私には使いづらいデッキであるのは間違いないです orz
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。