FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァイスカップ後半戦&ゼロ使トライアル大会 in イグニス大泉学園

タイトル長い……
まあそんなことは置いておいて、本日二週間ぶりかな? 大会に行ってまいりました。


●ヴァイスカップ後半戦 in イグニス大泉学園

参加者15名 4回戦

なんか参加者の中には、最近ヴァイスを始めたという方も居た様子。
ゼロの使い魔が発売されたから?
コミケで知名度を得た?
分かりませんが、ユーザーが増えるのはいい事ですわ。

結果 4戦3勝1敗

クライマックス賞の配布形式は、優勝に1枚、ランダムで1枚という形。

まあ、結果としては手に入らなかったわけですが…… orz

参加者の中には、早速エクストラパックのカードを使用されている方もちらほら。

やっぱり厄介だと思ったのは『水着の音夢
後ろに『天枷 美春』が2枚いれば、アンコールもちの7500。
分かっちゃいたけど倒しづらい事このうえない。
この際、役に立ったのが『ロボ美春』と、『美夏、覚醒!
共にアンコールをさせる間もなくデッキトップに送れ、確実に倒せるので重宝しました。

あと意外に(個人的にですけど)厄介だったのが、『水着の由夢
レベル3ですから滅多に出てこないわけですけど、
出たとき自分のデッキを上から四枚確認、並び替えできるというのは中々面白い。
そのままアタックするならアタック時のトリガーが全部分かり、次のターン、
相手の攻撃時に引けるカードも制御できます。
4枚の中にクライマックスがあったら一番下に仕込むと、相手の攻撃をキャンセル出来るという話。
もちろん確実じゃありませんけど、やられたときはショックでした。
……ええ、やられました orz


●ゼロの使い魔トライアルカップ in イグニス大泉学園
そのまま続けて、トライアルにも参加~
前日の即興でデッキを組み、全くテストもせずに投入。
しかも大会開始直前にデッキが49枚しかない事に気付き、慌てたのは此処だけの話。

参加者7名 3回戦

参加者が思ったより少ないのは、これがゼロの使い魔の人気なのか……。

結果は 3戦3勝

おぉ、優勝か!? ――と、思いきや。
呼ばれた名前は、最終戦で私が勝ったお相手。
優勝と言われたお相手も戸惑っていて、私が、
「あの、最終戦で私のほうが勝ったはずですけど……シートに記入ミスでもありました?」
と、たずねると。
「いえ、オポーネントの結果です」
……え?
オポーネントって、獲得ポイント数で決着がつかない場合に参照するもんじゃないの?
全勝者は一人なんだから、わざわざ計算する必要は……。
ま、まあ、いいですけどね!
優勝商品はお店がご好意で提供したヴァイスグッズで、私持ってますし!
と、自分を慰めます。
コレがクライマックス賞の絡む話なら、本気で抗議しますが。
優勝商品を貰ったお相手も、なんか釈然としない様子でしたし……なんだかなぁ。

ちなみにオポーネントとは、凄く強引に説明すると
『どれだけ強い相手と戦ったか』で、ポイントが高くなる制度。
大会中対戦した全対戦者の勝率が高いほど、オポーネントは高くなります。
つまり変な話、始めからオポーネントで優勝を決めるとなると、全勝者は不利って話。
だって全勝者の対戦相手は、必ず一回は負けてるはずなんですから。
対し、決勝卓で負けた人は、対戦者に全勝の人がいるわけですから、ポイントが高くなります。

せめて事前にそう言ってくれていれば、ぬか喜びせずにすんだのになぁ……



と、長々と文句を書きましたが試合で感じたことも。

まず新能力『集中』について。
初めて聞いたときは、クライマックスを犠牲にしてまですることだろうかと思いましたが、
使われてみるとこれが中々に厄介。
まず、『集中』を使用してクライマックスが1枚も出なかった場合。
これは使われた相手からすれば、相手のデッキが圧縮された訳であまり嬉しい話じゃありません。
それだけキャンセルされる率が上がるのですから。

ティファニア・ウエストウッド』の集中は、特に厄介な感じです。
4枚もめくるのですから、結構な確率でクライマックスが来ます。
そうすると、1枚に付き全ての仲間に+2000。この数字は馬鹿に出来ません。
またクライマックスを引かなくても、4枚も圧縮されると結構焦ったり。

あとは今回のトライアル大会、
なにげにPRカードの使用が可能である事を知らない人が結構いました。
オフィシャルにもちゃんと、
【構築条件】
・トライアルデッキ「ゼロの使い魔」のみ使用可。
(トライアルデッキ複数購入した場合、その中での組み換えは可)
・配布されているPRカード(ゼロの使い魔)全て使用可
とあるので、問題なしです。
こうなると、『鳶色の瞳のルイズ』が結構重宝します。
さらに今月の月刊アライブの特典、『虚無の担い手たち』は出来れば四積みしたい1枚。
PRカードが重要なのはあまり好ましい状況じゃないですけど……
今回の大会ではずいぶん助かりました。

トライアル環境は色々しんどいですね。
やれる事が限られると、こうも辛いのかと今日はしみじみ実感しましたよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。